コンサルティング 不動産事業

防音・防音工事・音響のコンサルティング


音響設計とは、その部屋の使用目的に合った良い音となるように部屋の
形状響きを調整したり、静けさを確保したり、音響機器の機種選定や設置場所の検討
調整などを行い、音響的に全体をまとめる事をいいます。

我々は、音響コンサルタントの仕事を、音響設計を含む、より広い範囲についての音響に関わるアドバイス、例えば、資料提供、事前調査、専門業者の紹介、完成後の
運営サポート等あらゆる相談に乗る仕事として位置づけています。

建築する部屋の種類と目的、発注形態などによって音響コンサルタントの内容は
異なりますが、建築音響と電気音響の両方を扱う当事務所では、相互の兼ね合いを
考慮した総合的な音響コンサルタントを行うことが出来るのが特長です。


1.計画段階

どんな目的でどんな建物を造るか、という初期段階から、一般のホール、様々なアイディアを盛り込んだホール、これからのホールなど、要望に応じて提言し、資料作成を行います。
コンペ時のプレゼン資料の作成もお手伝いします。

1-1  コンセプト、規模、使用目的等の提案
1-2  他施設の見学、説明
1-3  必要資料の提供(運用等調査資料、設計参考資料等)
1-4  現地調査


2.基本設計段階

基本設計図面を完成させるに当り、使用目的に叶った音響性能目標値の設定や音響的な留意事項の提言、大まかな形状、仕上げ、設備等基本的な音響検討と提言を行います。

A.建築音響
2-1 設計目標の設定
(1)残響時間 (2)ホール内許容騒音 (3)遮音性能

2-2 騒音遮音の検討 ホール隣接範囲
(1)周囲施設を考慮した許容騒音、必要遮音性能の設定、計画

2-3 室内音響の検討
(1)基本室形状、必要室容積の設定、検討 (2)残響時間の検討、音響仕上計画

B.電気音響
2-2 設計目標の設定
(1)伝送周波数特性 (2)最大再生音圧レベル (3)音圧レベル分布
(4)安全拡声利得 (5)残留雑音

2-3 電気音響設備の検討
(1)基本システムの提案 (2)取り付け位置、建築との兼ね合いに関する検討
(3)音響シミュレーションによる目標値の妥当性の検討 (4)機器の性能説明、比較試聴


3.実施設計段階

実施設計図面を完成させるにあたり、音響性能目標値を満足するためのより有効な手段の提案、音響的に問題が無いかのチェック等を行います。通常の施工方法とは異なる遮音構造や吸音構造については図面にて資料提供いたします。
必要に応じて各種シミュレーションを実施し、資料作成、デモンストレーションを行います。

A.建築音響
3-1 騒音遮音の検討
(1)外部との遮音
・外部環境を考慮した周囲施設への遮音検討、仕様提案
・大道具搬入口等開口部の遮音検討、仕様提案
(2)隣室との遮音
・周囲施設との間の遮音上の検討、遮音計画
(3)空調騒音
・ホール内の許容騒音の設定及び空調設計者への要望、打合せ

3-2 室内音響の検討
(1)残響時間の検討
・各音響仕上面の材料検討
・仕上げ材料、椅子等の吸音率測定
・音響構造参考図面作成
(2)室形状の検討
・ホール天井、壁面形状の検討
(3)音響効果(反射音)
・ステージ周囲、音響反射板の形状検討
(4)エコー
・ロングパスエコーのチェックと防止対策
・フラッターエコーのチェックと防止対策

3-3 必要資料の提出
残響時間検討書、室形状検討書(2次元音線図)、反射音系列検討書(3次元音線図、エコーパターン予測図)

3-4 可聴化シミュレーションによる音の確認

B.電気音響
3-5 システムの検討
  ・基本拡声パターン、応用パターン、ブロック図の確認
  ・使用予定機器の妥当性チェック
  ・音響シミュレーションによる性能予測
  ・総合的に問題が無いかどうかのチェック

3-6 建築音響との兼ね合いチェック
  ・スピーカー取り付け位置
  ・スピーカー周りの吸音処理
  ・スピーカー前面の処理

3-7 使用予定機器の性能チェック、試聴等


4.施工段階

施工途中にて、現場チェックを行い、遮音構造が問題無く施工されているか、実際に使われている仕上げ材料が音響上また、施工上問題が無いかどうか等を確認します。必要に応じて中間測定を行うこともあります。

A.建築音響
4-1 騒音遮音の検討
(1)外部との遮音
  ・遮音構造施工の確認
  ・ダクトや配管貫通部の処理の確認
(2)隣室との遮音
  ・遮音構造施工の確認
  ・ダクトや配管貫通部の処理の確認
(3)空調騒音
  ・空調設計者との打ち合わせ、仕様確認

4-2 室内音響の検討
(1)残響時間の検討
  ・各音響仕上面の配置、材料確認
  ・音響構造の施工確認
(2)室形状の検討
  ・ホール天井、壁面形状の確認
(3)音響効果(反射音)
  ・ステージ周囲、音響反射板の形状確認
(4)エコー
  ・ロングパスエコー、フラッターエコーに対する対策の確認

B.電気音響
4-3 設備施工に関する確認
  ・スピーカー取り付け位置、角度、取り付け方法
  ・スピーカー周りの吸音処理
  ・スピーカー前面の処理
  ・建築音響との兼ね合い調整


5.完成後の音響測定

完成後に目標とした音響性能が得られているかどうかを、測定により確認します。
電気音響設備に関しては、測定時にスピーカー相互の音量バランス、ディレイ、音場補正等の調整を行います。

A.建築音響
5-1 測定項目
(1)残響時間周波数特性
(2)遮音性能
(3)設備騒音(空調、照明)
(4)エコータイムパターン
B.電気音響
5-2 調整項目
(1)スピーカー相互の音量バランス
(2)スピーカー相互のディレイ
(3)低域、高域用スピーカーのクロスオーバー特性
(4)音場補正

5-3 測定項目
(1)伝送周波数特性
(2)最大再生音圧レベル
(3)音圧レベル分布
(4)安全拡声利得
(5)残留雑音

D.S.P コーポレーション株式会社

営業時間のご案内
9:00 〜 18:00
土日・祝日を除く
メール、FAXは休日でもお受け致します
お問い合わせは下記までお気軽に!
0120-78-1416
TEL:03-5414-1414
FAX:03-5414-1415
メールはこちら
お見積・資料請求

お客様の声

防音工事のお問い合わせから竣工まで