施工例

埼玉県さいたま市 K様邸 ピアノ室

埼玉県さいたま市 K様邸 ピアノ室
お部屋の広さ 4.32畳(内法面積)
遮音性能 室内 D-50程度 / 室外・下、隣室 D-65程度 にて設計(開口部除く)
防音室の用途と使用楽器を教えてください。
ピアノ教室に通っている子供たちの自宅練習用に防音室を造りました。
YAMAHAのG3グランドピアノを設置しています。
また、主人がエレキベースを弾くこともあります。
竣工後のピアノ防音室
竣工後のピアノ防音室
防音室を造るきっかけを教えてください。
  • マンション(集合住宅)でグランドピアノを弾ける環境にしたい
  • 上下階、隣戸に対する音漏れを配慮したい
  • 楽器を練習できる時間をこれまで以上に増やしたい
『レッスンでは弾けるのに、自宅のアップライトピアノではうまく弾けない』
当時、子供たちのこんな状況が続きました。
ある時グランドピアノをお借りできる機会がありました。
試してみたところ、そんな悩みも解消され、子供たちも楽しんで練習するようになったんです。

「楽器を変えるだけでこんなに違うものなんだな」と思いました。

インタビューを受けるK様ご夫妻
インタビューを受けるK様ご夫妻
ただ、楽器が変われば音も大きくなります。
当時は賃貸マンションに住んでおり、ピアノもリビングに置いていたため、近隣を配慮して夜8時には練習を切り上げていました。

今回防音室を造ったこの住居は、仕事の関係で賃貸に出していました。

賃貸契約の切れるタイミングで戻ってくる事を決めていましたし、子供たちも部活動等で帰りが遅くなることも多くなりました。

防音室を造るならこのタイミングだなと思った訳です。
見積りは何社されましたか?また、業者探しはどのように行いましたか?
インターネットで防音業者を探し、そのうち3社に見積りをお願いしました。
サッシ(引き戸)タイプの防音室はご存知でしたか?
知らなかったです。
インターネットで調べていくうちに、サッシタイプがあることを知りました。
<さいたま市K様邸ピアノ室 防音性能検証ビデオ>
業者選びのポイントは?また最終的に当社を選んでいただけた理由を教えてください。
3社の見積りは「安い・中間・高い」と見事に分かれ、防音業者選びの難しさを目の当たりにしました。
まず、1社は自分たちの想定よりあまりにも金額が安すぎたため敬遠しました。
その分手抜きになっている箇所があるのではないか、と考えたんです。

そのため、DSPさんともう1社で検討することにしました。
しかし、もう1社は連絡がメール対応のみで、詳しい工事内容が不明瞭でした。不安が残ったため、この業者も候補から外しました。

残るはDSPさん。
今だからお話しますが、見積り金額は一番高かったです(笑)

それでも、DSPさんに決めた理由は4つあります。

1つはHPの施工事例が他社と比べて圧倒的に多かったこと。
数だけでなく、事例ごとの内容も詳しく書かれていて、写真も豊富に掲載されていました。「自分たちのような集合住宅ではこんな仕上がりになるんだ」とイメージ出来ましたね。

次に、驚くほど対応が早かったこと。
問い合わせのメールを送った途端、営業スタッフさんから電話をいただきました。

それから、サッシ(引き戸)タイプの防音室で、窓を残すプランニングが可能だったこと。
他社の防音室プランニングでは「窓を塞ぐことで、防音効果を更に高めることができる」と仰っていたのですが、息苦しい空間になるのは避けたかったんです。
3社ともサッシタイプの防音室でしたが、窓を残すプランニングはDSPさんだけでした。
バルコニー(写真右側)の窓を残して防音施工
バルコニー(写真右側)の窓を残して防音施工

最後の決め手は、営業スタッフさんのひとことでしたね。

実は、防音室はもっと簡単なものかと思っていたんです。
「迷惑がかからない程度なら、少しくらい音が聞こえても大丈夫なのでは?」と考えていました。
子供たちはリビングで練習していましたし、部屋の中で音が聞こえる状態はさほど気にならなかったので。

営業スタッフさんから、
「音が気になる人にとっては、どんなに小さな音でも聞こえてしまうんです。中途半端な防音室を造って、近隣に迷惑をかけているのでは…と常に不安を抱えて生活するより、ちゃんとした防音室を造ったほうが安心ですよ。」
と仰っていただき、私たちの考えが変わりました。

営業スタッフさんの考え方や企業理念に感銘を受け、DSPさんに工事をお願いすることにしました。
弊社施工防音室へのご見学はされましたか?
見学された越谷市K様ピアノ室
見学された越谷市K様ピアノ室
越谷のK様邸ピアノ室に見学に行きました。

営業スタッフさんが、あらかじめ“私たちと施工条件の似たお宅”にアポイントを取ってくださいました。
屋内・屋外での遮音性能や防音室内の音響などとても参考になりました。

防音室の施工に自信を持たれていて、尚且つお客さんから信頼されているからこそ、こうやってご見学ができるんだろうなと感じましたね。
ご契約までのお打合せの段階で、当社スタッフの対応や説明はいかがでしたか?
1つ質問をしたら10説明が返ってくるほど防音についての知識が豊富で驚きました。
聞きたいと思ったことが全て聞けて安心しました!
「必ず安心できる防音室を造ります」と仰っていただいたのも心強かったです。

それから、見積りの際に頂いたイメージCGのお陰で、更に防音室が想像しやすくなりましたね。イメージCGそのままの出来上がりになりました。
< お見積り時にご提出した完成イメージCG >
パースイメージ1 パースイメージ2
- - - 画像クリックで拡大 - - -
防音室プランニングでこだわった点はございますか?
圧迫感のある空間にはしたくないと考えていました。
防音室ではありますが、部屋で過ごす環境を大切にしたかったんです。そのため防音室の入り口はドアではなく、開放感のあるサッシ(引き戸)タイプにする点は特にはずせないポイントでした。

さらに、元々は和室だった場所なので押入れを潰し、同じ面にある隣室(洋室)側のクローゼットも同様に潰すことで、洋室を広くしていただきました。

また、賃貸に出していた住居なので、リビングや洋室のクロス、カーペットの張り替えも一緒にお願いすることにしました。
施工前現状図 計画図
- - - 画像クリックで拡大 - - -
実際に工事が始まって、不安はありませんでしたか?
不安はまったくありませんでしたね。
何度か工事中に足を運びましたが、見るたびに工事が進んでいました。
たった一日で元の和室の解体が済んでいたのには驚きました。
職人さんの仕事も丁寧で速く、工期も予定通りでした。
施工前 解体工事 軽鉄・ボード工事
1.施工前 2.解体工事 3.軽鉄・ボード工事
防振床 軽鉄・ボード工事 天井吸音
4.防振床 5.軽鉄・ボード工事 6.天井吸音
フローリング クロス 防音室竣工
7.フローリング 8.クロス 9.防音室竣工
竣工から9か月ほど経ちました。音を出す時間帯や練習環境は変わりましたか。
姉妹でピアノ連弾子供たちは「前よりも弾きやすい!」とか「誰にも練習を聞かれない所が嬉しい」と言っています(笑)

以前、子供たちの足音が原因で、下階から苦情が入ってしまったことがあったんです。

防音室を造ってからは近隣からの苦情も全くなく、安心して練習ができています。

今まで夜8時には練習を切り上げていましたが、夜11時頃まで出来るようになりました。
防音室のある暮らしはいかがですか?
生活スタイルの変化やご家族の反応を教えてください。
防音室エントランスリビングにピアノを設置していた頃は、常に子供たちが練習する音が聞こえていました。

「レッスンで先生が教えてくれた所、ちゃんと復習できてるかな?」と気にしたり、いい加減な練習をしていると「えー?」と茶々を入れることも。

防音室を造った後は、静かにした状態で耳をそばだてないと、かすかな音すら聞こえなくて。
私たち(親)にとっては少し寂しいような、物足りないような感じもありますね、そこがデメリットかな?(笑)

子供たちの練習中にリビング側でテレビを観たり、音楽を聞いたりすることも可能ですが、親が環境をサポートすることも大事ですよね。

しっかり防音をしていても、娘たちが頑張っている姿はサッシ越しに見えるので、今は静かに見守っている毎日です。
最後に、防音室を検討されている方に向けてアドバイスをお願いします。
防音室を造る目的、プランニングはとても重要です。それが揺らいでしまうと、自分が求めている性能に辿り着かなかったり、満足いく出来にならないと思います。

自分たちがどのような防音室を求めているかを明確にすれば、営業スタッフさんが親身になって相談に乗ってくれますよ。迷われている方がいたら、DSPさんの防音室を是非オススメします!
さいたま市K様ご家族
本日はご家族揃ってのインタビュー、誠にありがとうございました。
今後もご見学等でお伺いすることもあるかと思います。
その際はどうぞよろしくお願いいたします。

D.S.P コーポレーション株式会社

営業時間のご案内
9:00 〜 18:00
土日・祝日を除く
メール、FAXは休日でもお受け致します
お問い合わせは下記までお気軽に!
0120-78-1416
TEL:03-5414-1414
FAX:03-5414-1415
メールはこちら
お見積・資料請求
防音工事のお問い合わせから竣工まで