防音・音響

用途で選ぶ防音室〜ピアノ・ドラム・管弦楽器から各種スタジオまで〜



				

誰にも気兼ねなく、ピアノやドラムなどの楽器を練習したい。


自分好みの音量で、音楽(オーディオ)を聴きたい。
どうせ、映画を観るならホームシアター・・・
サラウンドで、臨場感も味わいたい。
そんな、あなたへ・・・安心と癒しの空間、防音室を・・・


				
        

 防音室を造る際に、もっとも重要なポイントとは・・・


◆近隣、外部への音漏れ振動がないこと
◆外部からの騒音が少なく静かであること
反射音残響音など、室内音響を最適に保つこと



				

それと、コンセプト!
防音室を造る本当の目的は、何ですか?
遮音をしっかり実現し、快適な防音室を手に入れたい方のための防音工事
簡易的に造る一般内装とは全く違います。
お客様の本当の目的を丁寧にお聞きした上で、防音設計をご提案したいと考えています。



				
防音・音響/ピアノ室 (ピアノスタジオ)/ドラム室 (ドラムスタジオ)


				

防音対策


防音室では、壁・天井・床の遮音・防振構造(浮遮音層)が必ず必要となります。
なぜなら音は足から床を伝わり、また、壁や天井、床に入射した音が物体内に伝わり隣室に放射するためです。
その為、音を軽減するには、空気伝搬と固体伝搬の両方を考える必要があります。
しかし、ただ部屋を防音しても、開口があればそこから音(空気伝搬)は漏れます。
また音は、壁などの躯体を伝わり振動(固体伝搬)が伝わるのです。



				

防音対策には、遮音吸音の両方を組み合わせることが効果的です。
吸音材料は、入射側の音場を対象として吸音率が高い材料の総称で、主に音の反射を防ぐことを
目的として使用します。
遮音材料は、透過側の音場を対象として、透過損失が大きい材料の総称です。
吸音・遮音材をうまく組み合わせて防音の性能を高めます。
また、開口部対策も重要なポイントとなり、防音ドア・防音サッシ・防音ガラスなどの設計性能が要求されます。



				

音響設計


防音室の響きにはバランスが重要です。
響きが強すぎると演奏の妨げになり、極端に響きが少なすぎると音楽に違和感が生じてきます。
残響過多・残響不足は、音響設計の1番のポイントです。
そこで、最適な残響時間を導き出す必要があります。
また、反響(エコー)も考慮しなくてはいけません。
反響とは直接音と反射音が、分離して聞こえる現象を言い
これらの反響が発生すると明瞭度が低下したり、疲れやすい音場となります。
そこで、弊社では防音室の使用用途を考慮した音響設計計画で快適な音環境を造ります。
DSPでは、オリジナルの吊り下げ式吸音パネル(音響調整パネル)も取り扱っております。




D.S.Pコーポレーションでは、防音・防音工事・防音室 、マンションの防音・一戸建の防音
ピアノ室(ピアノスタジオ)・グランドピアノ室、ドラム室(ドラムスタジオ)等の楽器練習室から
趣味のオーディオルーム・ホームシアタールームだけでなく
商用・プロ仕様のリハーサルスタジオやレコーディングスタジオ・ライブハウス・ダンススタジオまで
防音や防音室、防音工事に特化した設計施工を行っております。
お気軽に、ご相談ください。



お問い合わせから竣工までのめやす

D.S.P コーポレーション株式会社

営業時間のご案内
9:00 〜 18:00
土日・祝日を除く
メール、FAXは休日でもお受け致します
お問い合わせは下記までお気軽に!
0120-78-1416
TEL:03-5414-1414
FAX:03-5414-1415
メールはこちら
お見積り・資料請求

お客様の声

防音工事のお問い合わせから竣工まで