ダンススタジオ

ダンススタジオ(フラメンコ)

ダンススタジオ(フラメンコ)

ダンススタジオ(社交ダンス)

ダンススタジオ(社交ダンス)

ダンススタジオ(多目的)

ダンススタジオ(多目的)

~ 身体で想いを表現したい ~

ダンススタジオといっても、色々なタイプのスタジオが存在します。

ヒップホップ・ジャズダンス・ブレイクダンス・社交ダンス・ヨガ

エクササイズ・フラメンコ・フラダンス・バレエ等々、さまざま・・・

それぞれの用途に合った、スタジオ防音防振が必要になります。

DSPコーポレーションは、用途に合わせコンサルティングから

防音工事を専門に設計から施工まで致しております。

遮音をしっかり実現! 床衝撃音をよく考えた防振構造

鏡面、吸音面、外部からの視線、照明計画等ダンスは直接床に衝撃を与えるので

特に、床衝撃音を考慮した床仕様にしなくてはいけません。

外部・地階等に音を緩和させる防振設計をし、いろいろなダンススタイルに合わせた空間が必要です。

防音と音の関係

音はどうやって伝わるのでしょうか?

空気や壁などを伝わるって聞こえてくるのですが、専門用語では空気伝搬と固体伝搬と言います。

防音は、二つの「伝搬をとめる」ことが重要です。

ダンススタジオ 1

ダンススタジオは、こうやって設計施工

  • ボックスインボックス=二重サッシという言葉は良く耳にしますが同じ原理の応用でお部屋の中に、もう一つお部屋を造るイメージです。
  • 防振=新しく造られる床、天井から振動が伝わらないように床・天井には、防振材(ゴムなど)を使います。
  • 床衝撃音=軽量床衝撃音、重量床衝撃音 の2つにわかれます。
  • 荷重計算=ダンスによっては、飛び跳ねたりなどの床衝撃が予想されるので衝撃に耐えられる様、荷重計算も重要になります。
ダンススタジオ 2
ダンススタジオ 3
ご相談・お問い合わせはこちら

DSPコーポレーションは、ピアノ室・ドラム室・楽器練習室などのプライベートスタジオから

プロ・商用のリハーサルスタジオ・レコーディングスタジオ・ライブハウスや

ダンススタジオなど防音・防音工事を専門に設計から施工まで致しております。

トップへ

© Copyright D.S.P corporation inc. - All Rights Reserved